受講生の感想を頂きました!トットくん。

受講生の感想を頂きました!

トットくん。
トットくん



トットくん


NICE DOGのレッスンでパピーの子に出会う度に「この時期からここに通えて幸せだな」と羨ましく思います。
その反面、何歳からでもきちんと向き合えば愛犬はもちろん飼い主の側も変わっていけると実感しています。

上野先生に出会いNICE DOGに通い始めたのはトットが四歳の頃です。
トットくん


トットは誰が見ても大人しくすごく恐がりで家族以外には触られたくない
人も犬も苦手で不安な時はもちろんすぐに抱っこ抱っこ!
いつも自信なさげな表情はその頃の写真にとてもよく表れています。

その頃「社会化ができていないから」「他の犬と積極的に触れ合わせましょう」と
本の知識を一生懸命実践していました。
でも心のどこかで性格だから仕方ないと思っていた気もします。

諦めてしまわないで本当によかった
上野先生にNICE DOGにとても感謝しています。
トットくん

NICE DOGのレッスンは何かをさせる訓練でも、おやつやご褒美を使うしつけ法でもありません。
私は愛犬と気持ちが繋がる暮らし方教室だと思っています。
アドバイスを受けながら自分の子の喜ぶ誉め方やそのタイミング、落ち着かせ方や声のかけ方を少ずつ根気よく見つけていく教室は、自分と愛犬の大事な時間を過ごせる場所かなと思います。

トットくん
レッスンでよく耳にするのは
「褒める時は1秒でも早く出来れば2秒以内で」
という先生の言葉です。
簡単な様に思えるこの動作が最初は難しく感じました。
トットくん


そして四歳までの間にトットが出来るようになっていた事は、私にはもう出来て当然、あたりまえになってしまっていたことに気付かされて、「本当にごめんね」と申し訳ない気持ちで一杯になったのを覚えています。

トットくん
少しずつですがトットの気持ちを理解しはじめてきた頃、NICE DOGの運動会に参加しました。
走る途中にトリックのおもちゃが置かれ、その周りには他のワンちゃんや飼い主さんが見つめている。

「とにかく抱っこしてー!」と恐がりのトットが一目散に私の所まで走ってくる姿を想像していました。

そこには私を目指して走り出したのに、逆戻りしてまで気になるおもちゃを確認しに行くトットがいました。
本当はトリックになんて引っかからずに大好きな飼い主さんの所へ!が正解なんですよね。
でもその時の私は、トットが自分の気持ちをこんなに緊張した場面で出せたことが涙が出るくらい嬉しかったです。

ちゃんとできなくて、こんなに嬉しいことがあるなんて!
先生と大喜びしたのを今もはっきり覚えています。

トットくん
9月がくれば七歳になるトットですが、時にはしてはいけない事をやってしまう事もあります。
そんな時に「ダメな事してくれないとダメだと教えてあげられないもんなぁ~」と思える自分が、実は一番変わったんだとつくづく思います。

場所が変わっても初めての場所でもどんな声を掛ければトットが落ちつけるのか、
どんな接し方をすれば頑張れるのか、レッスンを重ねた今は以前の様に不安には思わない気がします。
トットくん


これから先歳を重ねたトットが、もしかしたら耳が聞こえなくなるかもしれない
もしかしたら目が見えなくなるかもしれない
今とは違うそんな生活になったとしても、レッスンで教わった愛犬との暮らし方はきっとたくさんの事を私に教えてくれると思っています。

犬との暮らしは楽しくて素晴らしくてでも簡単ではないけれど、どんな時もちゃんと向き合えるようにいつもアドバイスしてもらえるNICE DOGは、私にとってもトットにとっても気持ちをリセット出来る大切な場所です。


最近、自信が付いてきたトットくん。
犬にも年齢に合った成長があるんですね!
いつまでも、トットくんの成長を見守っていきたいと思います。