得意なことを作ろう!

得意なことを作ろう!
しつけ教室では、基本な5動作を使って愛犬との関係作りを進めて行きます。
『言葉を掛けて⇒動作を誘導して⇒誉める』までが2秒以内が効果的です。
少しでも早く誉めることが大切です。

そして、何か得意なことを作ると楽しくなります。

「これなら出来る!」飼い主さんの自信は愛犬の自信にも繋がります。

得意なことを作ろう!
「おすわり」上手は誰からも可愛がってもらえます。
「おいで」が大好きな子は陽気で明るい気持ちが伸びていきます。
「まって」が得意になればお出かけの時に良い記念写真が撮れますね。

愛犬との関係作りは楽しいことが大切です。
「やらそう」「集中させよう」と飼い主さんが大きな声を出したり、
厳しくなるほど愛犬がそっぽを向いたり、暗くなったりします。
得意なことを作ろう!
しつけのコツは、楽しむことが大切です。



『言葉を掛けて⇒動作を誘導して⇒誉める』を応用しました。
「ドッグキャッチ」です。

言葉は「抱っこ」とか「hear up!」です。 
動作の誘導は手を出して抱きあげます。
スマイルは愛情いっぱい抱きしめ誉めます。
フィルは体を軽くポンポンと叩いて誉めます。

おやつやおもちゃは必要ありません。


愛犬の得意なことを伸ばすことは、いっぱい誉めることになり、飼い主さんが大好きで、誉めてもらおうと思う気持ちが強くなります。
得意なことを作ろう!
明るく感情豊かな子というのは、『可愛い‼』のポイントですね!