NICE DOG防災デイキャンプ

17日はNICE DOG防災デイキャンプでした。
NICE DOG防災デイキャンプ


笠置キャンプ場に10時集合、天候は曇り時々晴れですが、風が強く時折小雨もぱらつく肌寒い天候でした。
そんな中、参加者が持参したテントやタープを張りながら、設営のポイントやイメージを確認しました。
NICE DOG防災デイキャンプ


モンベル様から3月発売の最新テント「クロノスキャビン」やエアパッド&エアバッグ、ヘリノックスのチェアも貸し出ししていただきました。
NICE DOG防災デイキャンプ


NICE DOG防災デイキャンプ

風が強く寒い日で重宝したのは、寒さがしのげるドーム型タープでした。
NICE DOG防災デイキャンプ


もし災害が起こり避難生活を送るならこんな感じでしょうか。

みんなで同じタープを共有することでの気付きも多くありました。

昼食は避難食をイメージして、お湯だけで食せるフリーズドライのアウトドア食品、モンベル・カレーリゾッタ&五目リゾッタやカップ麺を用意しました。
NICE DOG防災デイキャンプ


リゾッタの評判はとても良く、美味しいし、量も満足出来る量でした。
NICE DOG防災デイキャンプ


お湯を入れて3分で食べられるので本当に手軽です。

そしてお湯を沸かすのに大活躍したのがJETBOILとフレックスウォーターキャリア4L。
JETBOIL なら500ccの水が2〜3分で熱湯になります。
NICE DOG防災デイキャンプ

災害に備えての心得や日頃の暮らしで習慣づけておきたいことなどをお伝えして、
NICE DOG防災デイキャンプ


NICE DOG防災デイキャンプ


その後は、愛犬と楽しむゲームタイム。
NICE DOG防災デイキャンプ


今回は、キャンプチェアを使って「椅子取りゲーム」‼︎
日頃のレッスンの成果を発揮したももちゃんが優勝しました^_^
NICE DOG防災デイキャンプ


そしてタープに戻り珈琲を楽しみながらビンゴゲーム♬
NICE DOG防災デイキャンプ

今回の防災デイキャンプで改めて災害時の対応を再認識できました。
もし、テント生活を送るなら
①テント設営時など、愛犬を係留することもあります。そんな時、吠えたり、リードを噛んだり、引っ張って係留物を破壊しないなど、係留にも慣れておかないといけません。
②タープ内では、他の犬とトラブルにならないように挨拶を習慣づける必要がありますね。
③飼い主さんが何か作業中は、他人にリードを持ってもらえたり、世話をしてもらえることが必要です。
④キャリングパックやベッドなど安心出来るスペースを確保することも大切です。
⑤風や雨でテントやタープが揺れてパタパタと音がしても不安がらずに落ち着いて過ごせることを経験しておきたいですね。


NICE DOG防災デイキャンプ


「防災」「ペット同行避難」という言葉や想像だけでなく、実際にキャンプ体験をしてみると、アウトドア経験の大切さや、愛犬の以外な一面にも気付けた一日でした。