マナーの話 (水遊び編)

NICE DOG

いよいよ最高気温が30℃を超える日も出てきた。
愛犬と水遊びに行きたくなる季節だ。

愛犬が伸び伸びと泳いだり、一緒にカヌーに乗ったり、ボール投げなど水遊びは愛犬の以外な一面と出会ったり、生き生きした仕草を見ると、本当に楽しいものだ。

本当にプライベートの場所で遊べるなら問題はないけど、他にも一緒に遊ぶ家族がある場合は、やっぱりマナーも必要だ。

よく問題になっているのが、抜け毛である。
水辺に抜け毛が浮遊すると、水鳥が飲んでしまったり他の生き物に影響もある。
犬の毛は水には溶けないし、水鳥が飲んで死に至ったケースもある。
もちろん、人も気持ちが良いものではない。
これが原因で、犬の遊泳禁止になったビーチもある。

また愛犬は元気が良いのだが、所構わず跳び込んで水しぶきが他人に掛かり迷惑をかけることもある。
以前カヌーイベントに参加した人から「他の参加犬が勝手に自分たちのカヌーに乗り込んできて困ったーー」という声を聞いたことがある。

他の子供が遊ぶビーチボールなどのおもちゃを勝手に取ってくるという迷惑行為もある。
勢いあまってパンクさせたりと破壊して子供を泣かせてしまうこともあるだろう。

泳ぐと水も自然に飲んでしまうので、オシッコも頻繁にするだろうし、海水を飲むと直ぐに下痢になることもある。
どこでもトイレを自由にさせると周りの人に不快感を与えてしまう。

こんな事も考え、いつも飼い主さんと遊ぶ関係をしっかり構築して、マナーを守ってその場所を一緒する人たちと気持ち良く水遊びを楽しみたい。

もしその場に犬を飼ってない人がいたならば、
犬と遊ぶって楽しそう!
犬、飼おうか〜‼︎
なんて思われると最高だ^_^。

NICE DOG