しつけの基本~2種類の誉めかた

NICE DOGのしつけで大切にしていることは「犬が飼い主に誉められることを一番に優先する』という本能を伸ばすことです。

誉めると言ってもそれには2種類の接し方があり、愛犬を落ち着かせたり、喜ばせたりしながら、言葉と誉められる気持ちを関連させます。

愛犬を落ち着かせるには、一般的に毛並みに沿ってゆっくりと撫で下ろします。
そして、その子によってどこが一番安心できるのか?落ち着くのかを探します。
頭が落ち着ける子もいれば、首筋がいい子もいます。また、耳の後ろが安心する子もいます。
手のひら全体で撫でたほうが満足する子もいますし、指先だけでも感じる子もいます。
これが「落ち着かせる誉めかた」です。
2種類の誉めかた

もう一つは、テンションを上げて「喜ばせる誉めかた」です。
一般的には毛並みに逆らって前後に撫でたり、体をポンポンと軽く叩きながらテンションを上げます。
嬉しい時や、遊びなど動きがある時はこちらが効果的です。
何より飼い主さんが大好き!になる接し方です。
2種類の誉めかた
こちらも、体全体を撫でまわすのが良かったり、胸のあたりを撫でまわすのが良かったり、その子によって場所や強さは色々です。

この「落ち着かせる誉めかた」と「喜ばせる誉めかた」を教えたい動作に合わせて教えていくと、飼い主と心が通じ合うようになり、感情豊かに育ちます。

もし、動物病院で落ち着いて欲しい時、どんな接し方をすればいいのでしょう?
お客さんが来て興奮した時はどうして落ち着かせればいいのでしょう?
異常気象や災害で不安な愛犬を守ってあげるためにどう落ち着かせればいいのでしょう?
2種類の誉めかた


飼い主さんの元に駆け寄ってくるとき、愛犬をどんな気持ちにしておくと良いのでしょう?
一緒に遊ぶ時、楽しい気持ちを共有するにはどんな接し方が良いのでしょう?
飼い主さんが嬉しい時、愛犬に同じ気持ちになって欲しい時は、愛犬のどこをどう触れば気持ちを共有できるのでしょう?
2種類の誉めかた


愛犬の気持ちを考えながら、その接し方を2つの整理しておくと、暮らしの中でとても役に立ちます。
そして、愛犬が満足できていると、飼い主さんに誉めてもらいたくて進んで行動するようになります。
このことは、愛犬と一緒に暮らしていく上でとても大切なことなのです。


2種類の誉めかた
犬という動物はいろんな本能を持っていますが、一番伸ばしたいのは「信頼する飼い主さんに誉められたい!」と思う本能なのです。