受講された飼い主さんの声



大津市 S様 new!
画像の説明

NICE DOGのレッスンでパピーの子に出会う度に「この時期からここに通えて幸せだな」と羨ましく思います。
その反面、何歳からでもきちんと向き合えば愛犬はもちろん飼い主の側も変わっていけると実感しています。

上野先生に出会いNICE DOGに通い始めたのはトットが四歳の頃です。

トットは誰が見ても大人しくすごく恐がりで家族以外には触られたくない
人も犬も苦手で不安な時はもちろんすぐに抱っこ抱っこ!
いつも自信なさげな表情はその頃の写真にとてもよく表れています。

その頃「社会化ができていないから」「他の犬と積極的に触れ合わせましょう」と
本の知識を一生懸命実践していました。
でも心のどこかで性格だから仕方ないと思っていた気もします。

諦めてしまわないで本当によかった
上野先生にNICE DOGにとても感謝しています。

NICE DOGのレッスンは何かをさせる訓練でも、おやつやご褒美を使うしつけ法でもありません。
私は愛犬と気持ちが繋がる暮らし方教室だと思っています。
アドバイスを受けながら自分の子の喜ぶ誉め方やそのタイミング、落ち着かせ方や声のかけ方を少ずつ根気よく見つけていく教室は、自分と愛犬の大事な時間を過ごせる場所かなと思います。

レッスンでよく耳にするのは
「褒める時は1秒でも早く出来れば2秒以内で」
という先生の言葉です。
簡単な様に思えるこの動作が最初は難しく感じました。

そして四歳までの間にトットが出来るようになっていた事は、私にはもう出来て当然、あたりまえになってしまっていたことに気付かされて、「本当にごめんね」と申し訳ない気持ちで一杯になったのを覚えています。
少しずつですがトットの気持ちを理解しはじめてきた頃、NICE DOGの運動会に参加しました。
走る途中にトリックのおもちゃが置かれ、その周りには他のワンちゃんや飼い主さんが見つめている。

「とにかく抱っこしてー!」と恐がりのトットが一目散に私の所まで走ってくる姿を想像していました。

そこには私を目指して走り出したのに、逆戻りしてまで気になるおもちゃを確認しに行くトットがいました。
本当はトリックになんて引っかからずに大好きな飼い主さんの所へ!が正解なんですよね。
でもその時の私は、トットが自分の気持ちをこんなに緊張した場面で出せたことが涙が出るくらい嬉しかったです。

ちゃんとできなくて、こんなに嬉しいことがあるなんて!
先生と大喜びしたのを今もはっきり覚えています。

9月がくれば七歳になるトットですが、時にはしてはいけない事をやってしまう事もあります。
そんな時に「ダメな事してくれないとダメだと教えてあげられないもんなぁ~」と思える自分が、実は一番変わったんだとつくづく思います。

場所が変わっても初めての場所でもどんな声を掛ければトットが落ちつけるのか、
どんな接し方をすれば頑張れるのか、レッスンを重ねた今は以前の様に不安には思わない気がします。

これから先歳を重ねたトットが、もしかしたら耳が聞こえなくなるかもしれない
もしかしたら目が見えなくなるかもしれない
今とは違うそんな生活になったとしても、レッスンで教わった愛犬との暮らし方はきっとたくさんの事を私に教えてくれると思っています。

犬との暮らしは楽しくて素晴らしくてでも簡単ではないけれど、どんな時もちゃんと向き合えるようにいつもアドバイスしてもらえるNICE DOGは、私にとってもトットにとっても気持ちをリセット出来る大切な場所です。


相楽郡 O様 new!
感想
ゴンを家族に迎えて1年が経ったころから、上野先生にお世話になっています。

ゴンは、体も大きく、猟犬の習性が存分に残った性格で、散歩のときは引っ張られてコケることもよくありました。
元々家族は「猟犬の血筋だからしかたない」と諦めていましたが、何か少しでも変化があれば、とレッスンに通い始めました。

 レッスンを受けて、何より私たち家族の接し方が、間違っていたことに気づきました。
ゴンに言うことを聞かせようとばかりしていて、肝心なコミュニケーション・信頼関係が全く出来ていなかったのです。

 上野先生には一から、褒め方・叱り方・そのタイミングを教えていただきました。
初めは戸惑っていたゴンも、色んな新しいことにチャレンジして、褒められるレッスンが楽しくなってきているのが表情を見てもすぐに分かるようになってきました。

また、ダメな時は本気叱る、ということがとても大事だということを教えていただきました。
最初は、ゴンに嫌われるんじゃないか、と思って加減をしてしまうこともありましたが、そんな弱気な気持ちは犬には一瞬で見抜かれてしまうということもよくわかりました。
何度か本気で叱って、ゴンと向き合ってからは、より意思疎通がしやすくなり、素直にいろんなことを受け入れてくれるようになったと感じています。

 できた時はしっかり褒めて、ダメな時はしっかり叱る、その積み重ねを粘り強く続けることで、日常のお散歩でも車が来たら座って待てるようになり、ストップと言ったら止まれるようにもなりました。
もう私たち家族が、散歩で膝を擦り剥くこともありません。

ゴンのあまりの変身ぶりに、「犬は外で飼うもの」と頑なに譲らなかった父が、夜寝るときはゴンを家の中にいれてくれるようにもなりました。

 まだまだゴンには苦手なことがたくさんありますが、先生に教えていただいた「強く・優しく・粘り強く」の気持ちを忘れずに一つ一つ克服していきたいと思っています。

何よりゴンは教室と先生が大好きなので、これからも引き続きよろしくお願いします。


伊丹市 S様 new!
感想
茶々丸を飼うことになり、わからないことだらけで、近くのしつけ教室へ。
ご褒美をあげて行動させるという…。
ある時ご褒美無しで『オスワリ』させようとしたところ、全くしなかったのです。
あれ?と思い始めた頃、ネットでNICEDOGさんのHPを見てあっ!ここだ!と、
遠かったですが、うちの子になってくれた茶々丸と家族の為に、受講させて頂くことになりました。
始めはどんな事を誉めてあげたら良いのかわかりませんでしたが、ご指導のもと、
指示・行動・すぐ誉める のタイミングが回数重ねるうちに少しずつわかり始めました。
最近 足を怪我した私を気にしながら、歩いては止まる茶々丸を愛おしく思い、
日々成長してくれている姿に私達も一緒に成長できたらなぁと思います。
犬を飼うから犬と暮らすへ。
色々と勉強になりました。
ありがとうございました。
” NICE DOG ”を目指して頑張ります!


奈良市 I様
感想
布空茶との生活を見直そうと思い立って8ヶ月…
全く違う自分と布空茶が居ます。
前にも増して太い絆を結ぶ事ができました。
彼との生活はまだまだこれからも続きます。
課題もまだまだ!
今後ともよろしくお願いします 。


生駒市 M様

感想
上野先生に教えて頂いた「しつけ」は今までの知識を覆すものでした。
「おやつなし!」「体罰なし!」
私自身体罰は反対でしたので、信頼して教えて頂こうと決心しました。
「言葉をかけ、動作が出来たら、素早く褒める!」
これだけで良いのです。
もちろん、すぐに聞くことが出来ない時もあるので誘導して、何度も粘り強く教えなければなりません。「言う事の動作をさせる」のではなく「教える」のです。子育てとまったく同じ。
そして、犬にしてほしくない事、命に危険が及ぶ事に対しては、体罰なしで思いっきり叱ります。目を睨み本気で叱ると伝わるのです。
愛犬との信頼関係が築ける様になってくると、ちょっとした変化や気持ちがわかる様になってきます。
この様な関係が愛犬とできるなんて先生と会わなければ築く事はできませんでした。
そして、愛犬達からたくさんの愛情と元気をもらい生活している事に幸せを感じます。
二頭目を迎え、まだまだたくさんのハードルはありますが、先生にアドバイスを頂きながら「犬育て」楽しんでいきたいと思います。


木津川市 Y様

感想
レッスンを始めて4年経った今でも愛犬mileとの関係で「あれ?」と迷うことがあります。
そんな時レッスンを受けに行くと、「今そこ!!誉めてあげて!!」と先生に助言を頂き、慌てて褒めます。
上野先生から直ぐにmileの気持ちを説明していただき、そこで飼い主としてどう応えるかを指導いただくと「あ~、ここで褒めるのを忘れていたから最近出来なくなっていたんだ」と納得。
ちょっとした事に気をつけると、ガラッとmileの様子が変わります。(変わりすぎて夢じゃないか?!と思うことも)
「これだけのことで?!今まで悩んでいたのはなんだったの~」とあっという間に道が開けることもあります。
先生や一緒にレッスンを受けた飼い主さんとの何気ない会話から、「あっ!!!そうか~!」とヒントを頂くこともあり、いつも何か得るものがあります。
「一人で悩んでいる時間がもったいない!!分からなかったら上野先生に会いに行こう」と思います。NICE DOGに行くと私とmileに嬉しい変化が起きます。


奈良県 S様

感想

上野先生には、本当にお世話になりました。
生後3ヶ月で諭吉を家族に迎えて、無駄吠えや甘噛みに困っていましたが、一番大事な事は、愛犬と飼い主との信頼関係だという事が分かり、諭吉が困った行動を起こしても、直ぐに叱らずにに諭吉の気持ちを考えてから叱るようになりました。
先生のアドバイスで、諭吉と一緒に毎晩寝るようなってから、諭吉の無駄吠えもほとんど無くなり、先生にはとても感謝しております。
また、主人は今まで犬を飼ったことがなく、どういう風に諭吉と接したら良いのか分からなかったみたいで、諭吉に叱ってばかりいましたが、しつけ教室に通ってから、積極的に諭吉と遊んだり諭吉の事を優しく褒めるようになりました!
私は主人と反対で甘やかしてばかりいたので、これからはメリハリをつけて叱ることも大事にしていきます!
最後に、しつけ教室を通して諭吉との信頼関係も深くなりました。これからも、よろしくお願いします。


京都府 I様

感想

NICE DOGさんに出会うまでに、口コミで違うトレーニング教室も見に行きました。
そこでは店員さんから、第一声、「コーギーは早くしつけないと噛み癖が直りませんよ」と言われ、お店に対し、何か第一印象から違和感を感じました。
市役所の案内を思い出し、NICE DOGさんに行きましたが、トレーニング教室とは異なるお店の自然な雰囲気と、こちらの相談に押しつけがましくなく、丁寧に応じていただいた上野さんの人柄や、また成犬によるND.STUDYを見学させていただき、安心感を抱いたことを覚えています。
1回1時間の講座でしたが、テクニック習得のための時間ではなく、愛犬との暮らし方を教わるものでしたので、終わった後も家族で講座について話をし、内容を深く理解することができたように思います。
説明は、何度も丁寧に繰り返され、また、上野さんの経験も交えたものものでしたので、非常に理解がしやすいものでした。
全体を通じて、講義は目からうろこ的なことが多いものでした。
また、次のND.STUDYも受講したいと思います。
ありがとうございました。


京都府 S様

感想

言葉にするのは難しいですがレッスンの後、とにかく変化がありました。
上に3匹いますのでココは躾もせずに1年過ごしてしまいました。
ごはんやおやつの前に他の子たちと同様におすわりするくらいでした。
今回、レッスンしなければと強く思ったのが家を出た途端リードが外れ勝手に走り出しヒヤッとしたことがきっかけでした。
1回目、2回目と回を重ねるごとにココの変化もですが私自身が変わりました。
上野先生に毎回犬の気持ち、習性などをレクチャーしていただき、いかに今まで何も考えずにただ「かわいい」「かわいい」だけできてしまっていたか、親の気ままに振り回してしまっていたかを反省することができました。
おすわり、ふせ、ついて以上の 親としての在り方を教えていただいた4回でした。
ありがとうございました。ココの変化を楽しませていただいたレッスンでした。


奈良市 I様

SES DOG STUDY.お世話になりました。
とても楽しく受講させていただきました。
犬には私たち人間と同じように、たくさんの感情があるんですね。
当たり前のことを、改めて気づくことができました。
8が不安な顔をして私を見つめたり、嬉しそうな表情をしたり、受講するたびに新たな発見があり、8ちゃんと気持ちが通じ合ってる~!と心でにんまりしていました(笑)
これからも、愛情を持って粘り強く、8と共に楽しく生活していきます。


京都府 O様

この教室で「おやつを使わないしつけ」「ペットとの信頼関係を築く」ということを学び、
犬の習性も同時にわかってとても良かったです。
初めての犬で「ビーグル犬」はとてもハードルが高かったなあと思っていますが(苦笑)、
打たれ強い、へこたれない、性格の明るい犬に巡り会えてよかったです。
「おやつを使わない」のは正直根気が要ります。留守がちな我が家ではずっと根気を維持するのは大変です。
教室では、パパも子供も集中してるし、家での根気のなさとは偉い(!)違いです。
ビートルも気疲れするのか、教室がある日の夜はぐったりで、夜早いうちから自分のクッションで眠りの体勢です。
犬も気疲れするんですねえ。本当に人間の子供みたいで面白いです。
この信頼関係を築くという考え方、叱り方、褒め方、自分の子供にも赤ちゃんのときに知ってればなあと思いました。
メリハリがとてもいいですね。
根気が続くかどうかが我が家の一番の難関だと思います。
これからもよろしくお願いします。


京都府 Y様

愛犬mileの初日は緊張していましたが、回数を重ねると積極的に他のワンちゃんと遊んだり、レッスンでもおすわりや待ってなど少しずつですが出来ていきました。
また、他のワンちゃんと一緒に過ごすことで、愛犬の性格や好きなことなど個性がどんどん見えてきたので、私も楽しかったです。
このクラスで犬と人の新しい関係作りの方法(おやつなしで誉めて育てるなど)を学べました。
生後4ヶ月だったのでレッスン中寝てしまうこともありましたが、起きているときは嫌がる様子はなくしっぽを振って楽しそうに過ごしていたので、通って良かったです。
楽しいレッスンや疑問に分かりやすい返答をして下さった先生に感謝します。
一緒に過ごしてくれたワンちゃん達に感謝します。ありがとうございました。


大阪府 K様

お蔭様で、4回のレッスンを通じて、クッキーとの関係にいい変化が沢山ありました。
初めに、枚方に住む私が自動車が得意ではないクッキーを連れて1時間かけて先生の所に通っているかは、1番初めにお電話させて頂いた時に遡ります。
初めて仔犬を育てる私は、クッキーがフレンドリーでマナーの良い子に育ってみんなに愛して貰えるか不安で不安で・・・まだブリーダーさんの所でパピー合宿を受けている時に先生にご相談させて頂きました。
とてもいいブリーダーさんだから、来て直ぐにはいい子に決まっているのですが、なんせ私に自信がないものですから・・・折角のいい子を私が怯えたり萎縮する子にしてしまったらどうしよう、と私自身が一番びびってまして・・・(笑)
でも、上野先生は「直ぐにレッスンにつれて来なくてもいいです。お家にきて1か月は何も教えなくていいです。それよりも、うちの子になってくれてありがとうね、って気持ちを込めて目一杯可愛がって下さい。」と言われホッとしたのを覚えています。

1か月後、梅見台動物病院でパピークラスのレッスンを受講させて頂き、先生に「クッキーはとてもいい子ですよ。Kさんの顔をよく見て、望むことを読み取ろうとしています。この子のことを信じてあげて下さいね。」と言われました。
とても嬉しかったです(*^^*)
でも、そんなに簡単にトイレは躾けられないし、ハウスも出来ないし、時に無駄吠えもあるし・・・
どうすればいいか解らない私がしたことは、叱ること・・・お尻ペンペンも・・・
そうしたら、出来ていたトイレをますます失敗するようになって・・・叱ればますます失敗するようになって・・・
どうすればいいんだろう、このままクッキーはずっとゲージの中に閉じ込めておかないといけないの?そして、私が触りたい時だけ取り出して・・・でもそんなの、それは私が望んでいたクッキーとの生活じゃない!

そんな迷っている時に1回目のSES DOG STUDY.があり、先生に相談しました。
「まず、粗相をしても叱るのをやめましょう。隠れてオシッコをする様になります。きちんと出来た時だけ褒めてやりましょう。お尻ペンペンも止めましょう。」と。
その日を境に、叱るのを止めました。叱るのを止めたら、粗相を片付ける私にクッキーは失敗したあと、自分から小さい体をすり付けて「ごめんね」と謝りに来るみたいな様子。
「いいよ、気にしないで。次は頑張ろうね。」と声をかける様にしました。
そうしたら、徐々に成功する様になったのです。勿論、目一杯褒めてやりました。

最近では、トイレが終わったら一回ずつ報告に来るオマケ付きです(笑)
時々、早く褒めて欲しくて焦るんでしょうね、お尻に挟んだウンチをポトポト落とすお土産付きですがそれもご愛嬌です。

先生に「叱るのをやめましょう。」と言われなかったら、クッキーの失敗した後の「ごめんね」もずっと気が付かなかったと思いますし、報告にくる関係を築けなかったと思います。
考えてみれば、私はクッキーが可愛くて仕方ないのですが、だからお尻ペンペンだって痛くない様にペンペンだと(私は)思っていたのですが、でも電話の音にも反応する敏感なクッキーにとっては何より痛くて辛い事で、それをまして大好きな家族の私にされた事だったのだ、と無知故とはいえ可愛そうな事をした、と反省です。

私がよく褒める様になってから、ご飯を食べ終わってもご報告!で(笑)「偉いねー」と褒めるともっと褒めてもらいたいんでしょうね、お皿をぺろぺろ舐めてキレイにしてくれます(笑)
ハウスもおいでも、だいぶ上手に出来る様になりました。

おいで、と呼ぶとゴムまりの様に飛び込んでくる時には、クッキーといる幸せを感じます。
こうして、私がパソコンに向かっている時には、ゲージの中に自分で入って静かに寝ている時にも幸せを感じます。

身支度をする時に鏡台に向っている時には足にしがみ付き「お膝に乗せて!」と意思表示をします。そんなときも幸せですし、クッキーは私が出かけるのを理解しているようでお利口に大人しくいじらしくお留守番をします。
先生の所に通う前は、機嫌の良くない時でなかなかハウスをしない時には、無理やり捕まえてゲージに押し込んで、クッキーは鳴いてそして叱って、そんな風な日があると不安になったものでした。
でも、レッスンを受けていくうちに、「クッキーにだって感情があるのだから。納得するまで待ってやればいいんだな。」と思いもう無理やり押し込むことや、おやつで釣ることも止めました。意味がない、って思いました。

納得すればもう鳴く事はない、納得しないから鳴くんだ、そう、だってうちの子はいい子だもん、そうしたら、クッキーは黙ってゲージに入る様になりました。
勿論、用事が終わったら一刻も早く戻ります。クッキーが待っているから。

主人が帰って来てドアをカチャカチャする音を聞くと、クッキーは一目散に玄関へお出迎えです。
シッポをちぎれんばかりに振って、「おかえり」のご挨拶です。主人は「ただ今―、クッキー」
オイオイ、私より先にクッキーに挨拶かよ、ま、いいか、なんて(笑)

私の望んでいた主人とクッキーとの生活が出来始めました。ありがとうございます。


奈良県 T様

この度は、楽しい時間をありがとうございました。
のんのんは、千葉県の愛護センターにて処分最終部屋まで行ったそうです。
保護ボランティアの方々も、議論を重ねるほど人慣れをしない子だったようで、里親の面接に行った際も、6匹いる中で、のんのんだけが一切近寄ってきてくれませんでした。
とにかく初めての人・場所・行動なんでも苦手で、リードを見せるだけでケージから1日中出てこないビビりっ子でした。
そんな子が、知らない人やワンちゃんがたくさんいる中で、過ごせるようになっただけでもうれしくてたまりません。
レッスンの帰り道は、いつもなんだか嬉しそうでした。
吾々の接し方ひとつで、どんなことでも応えてくれることを改めて学ばせていただいたので、たまに焦ったりもしてしまいますが、ゆっくりゆっくり、より良い関係を築いていきたいと思います。


奈良県 S様

SES DOG STUDY.では大変お世話になりました。
しつけは大切な事と頭では理解していたものの1歩が進めず受講前よりご相談・親切にご対応して頂きましたので受講を決心いたしました。
当初は《甘噛みを直すのが1番》と考えておりましたが、パピー教室に通い始め、私共の考えの誤りを学びマロンの気持ちを理解できるよう信頼関係を深める努力をし、途中うまくいかず、時間だけがたちいらだつ事もございましたが、成功してた時のマロンの嬉しそうな目を見るといつも反省させられました。
アッという間に卒業をむかえこれでよかったのかと思いましたが、直後にマロンと旅行にいく機会があり、人混みの中で想像以上のオスワリ・マテが出来ました!!
マロンは頑張っていたんだと・・・ごめんね。の気持ちで一杯になりました。
まだまだ甘えたのワガママ娘ですが、一つずつ喜びを感じて、もっと楽しい旅行も出来るよう頑張ります。
上野先生、本当にありがとうございました。
そしてこれからも、ご相談させて頂くこともあるかとは思いますが、よろしくお願いいたします。


奈良県 K様

上野先生ありがとうございました。
はじめは、とっても不安でした。
ジニィーは、ご褒美でお座りやマテを、教えていたからです。
レッスンが始まって、2回目ぐらいまでは、全然上手く出来なかったように思います。
3回目のレッスンぐらいから頑張れるかな〜って思えてきました。
同じようにみなさん、それぞれ悩みがあるんだ!頑張っているんだな〜って思いました。
4回目修了の日、とっても良く出来た〜、やった〜、うれしかったです。
これから、ステップアップしてまた、頑張って行きたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。


京都府 T様

上野先生いつも優しくご指導いただき、ありがとうございます。
しつけ教室では犬の動作だけでなく、しつける側(飼い主)が学ぶ事の重要さを感じました。
初めて犬を飼ったということもありましたが、正しいしつけをするには、まず飼い主がそれを知らなければならないという事ですね。
いつも教室で教わった事は私が家族にレクチャーしていました!
これからも愛犬と共に成長するつもりで、楽しく学習していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。


奈良県 N様

SES DOG STUDY.通して、最初はおやつなしではオスワリが出来ないと思っていましたが、4回目の教室では言葉だけで出来るようになっててとてもビックリしました。
初めに尻尾を追っかける・・・と相談させてもらったとき、なんでそんなに回り続けるのか分からず、原因は私が犬の気持ちをわかっていなかったということに今までワンコに悲しい思いさせたのかなと反省しました。
興奮したときに落ち着かせ方も教えていただいたので、声をかけても止めないときはその方法で対処しています。
他のトレーナーさんにも相談したこともありましたが、原因が分からず、もう諦めるというかそのままでも仕方ないかな思っているところでしたので、この教室に参加して本当によかったなと思います。
あと、ラテは小さいころから耳そうじがすごく苦手でした。
病院では無理やり押さえつけて耳そうじをしていました。
小さいころはよかったのですが、体が大きくなるにつれて
耳掃除の保定をするだけで、噛むし、パニックになっていました。
そのときだけ特別なおやつを使って、我慢をさせてと病院の先生から
アドバイスいただいたのですがそんなんじゃ聞かないくらいパニックになります。
通っていた幼稚園の先生に相談して何とか掃除は出来るようになったのですが、耳の毛は抜かしてもらえなく、どーしよう・・・と思ってたとこにこの教室に通いはじめて、ちょっと私のことを信頼?し始めてくれたのか、この前ついに耳毛を文句いいながらも抜かしてくれたのです!
こっちがドキドキするくらいとてもとてもうれしかったです。
本当に感謝しています!ありがとうございました。


京都府 S様

上野先生、ありがとうございました。
ご飯の時に待てなくて吠える、暴れることとテレビに映る動物(犬、猫、馬その他)を見てモニターに猛アタックなどのテンションの上がり方が半端じゃなくて困っていました。
以前からwebで上野先生のことを知り、相談させていただこうと思っていたところ、お世話になっているコスモス動物病院でパピー教室に来られていました。
早速ご相談させていただき、それから SES DOG STUDYを受講させて頂くことになりました。
1回目、2回目と受講し、家でも習ったことを復習していくうちに飼い主の私自信が変わってきたように思います。
それと同時に愛犬にも変化を感じるようになりました。
うまく説明できないですが愛犬に対しての愛情が以前より増してきたと感じています。
SES DOG STUDY受講できて本当に良かった!と思います。
何か気付かせて頂いたような気がします。
まだまだ、これからですがお互いが楽しく暮らせるように頑張ります。


奈良県 I様

初めて、犬を飼う私は、本を読んでも載ってない事ばかりで・・・
愛犬と楽しく暮らす為のしつけ教室では、本当に、たくさんの事と、楽しく暮らせる自信を頂きました。
特に習ったルックアップ方\(◎o◎)/!で伝わった気がしました。
今では、おすわりが上手にでき、人も犬も大好きなメイです。
これからも強さ、優しさ、粘り強さを忘れずに心をつなぎたいと思います。
ありがとうございました。


京都府 K様

お散歩がスムーズに行けず、困っているとき SES DOG STUDY. のことを知り受講することにしました。
1回目から3回目までの授業の中では、なかなか他のワンちゃんの輪の中へ入っていけず、すぐに帰りたがる始末。
打ち解けてくれないことに、落ち込む日々でした。
でも心機一転、家では習ったことを何度も復習し、いつかはできることを願いながら、練習を重ねました。
その甲斐あってか、「おすわり」の言葉が理解できるようになりました。
ついには4回目の受講日には帰ろうともせず、落ち着いて「伏せ」をして、みんなの輪の中で待つことができました。
なんでも、諦めないことですね。
わたしも、この受講で多くの事を学ばさせていただきました。
今では、アイコンタクトを取る回数も増え、気持ちもある程度分かるようになりました。
家族の一員として、接していきたいと思います。ありがとうございました。


奈良県 H様

私はリロで7頭目なんですが、ミニコリー以外は ほとんど完璧にしつけが出来ず!
今回こそはと 教室に参加させていただいて居るのですが、 なかなか恐がって上手く出来ません!
でも 可愛いだけで良いって又思ってしまいます!ダメですね。
今回の教室で 犬を通して 他の飼い主さんとも 仲良くなり大変大きな収穫です!
これからもヨロシクお願いします!


滋賀県 T様

愛犬の海(5歳)は私にとって初めて飼う犬です。
海を飼うようになって、より犬に、そして犬との関係に関心が湧き、DLCになりました。
教本で学んだことを実践しているつもりだったのですが、「いいこ」にしようとしすぎて、少し萎縮させてしまっているようで、海には犬らしい伸び伸びとしたところがあまりなく、海との信頼関係に不安を持つようになっていました。
SES DOG STUDY.を受け、受けて良かったと強く思ったことは、私が海の気持ちをわかるようになれたことです。
それまではある行動を完璧にできてこそ「できた」と言えると思ってしまっていましたが、拾い食いを止める練習の際にインストラクターに「今海くんはおやつを気にしないようにしてましたよ。ここを褒めてあげましょう!」って言われたときに、「私が海のがんばりに気付けていないんだ!」っと実感しました。
今では、海の小さながんばりを気づくように心がけ、前よりもアイコンタクトも増えました。
SES DOG STUDY.は「飼い主の意識改革教室」だと感じ、犬を飼っている多くの方に教室を受けてもらいたいと思いました。


京都府 O様

犬同士の挨拶。実際にしてみたのは初めてだったので、勉強になりました。
テンションをあげる場面・テンションをあげるほめ方 またその逆・・・を教わりとても活用しています。
「おすわり」は 割といい感じで覚えてくれました。
愛犬が目を見てくれます。
なかでも、4回目の効果的な叱り方・は大変勉強になりました。
先生のお話から、ワンワン吠えてるのは何か話してるんだと思うようにして、「わかったわかった、教えてくれてありがと。」などと言うようにしてます。
ちょっと 吠えがマシになった気がします。特に来客吠えは かなりマシに(短く)なってきています。
犬って、言葉がわかるんですね…♪
とっても可愛いです。(^O^)
この子の命を守るため 今後も頑張ります。


京都府 I様

愛犬は、推定2〜3歳で我が家の一員となった保護犬。
SES DOG STUDY.に出会うまで3年が経ち、普通であれば『しつけ』にはちょっとムリと言われる年になった我が子を快く受け入れて頂き、ありがとうございました。
この教室に参加するにつれ、散歩などで会う犬友の方々から「ずいぶん落ち着いた」とか「無駄吠え」が少なくなったと言われるようになりました。
人に話すと「たった4回で・・・」と言われますが、私たちにとっては実に中身のつまった良い4回でした。


京都府 N様

しつけ教室ではお世話になりました。
しつけ教室に通って、愛犬はとても変わりました。
効果的な叱り方で問題行動(拾い食い)が減ったし、以前よりも私の言う事を聞くようになったと感じています。
そして飼い主の私自身、教室で学ぶ事が多かったです。
どこを触ったら喜ぶだろうなんて気にした事なかったし、今まで愛犬が嬉しいと感じているしぐさを見落としていたと思います。
また、頭ごなしに怒ったり、それで解決しなかったらイライラしたり、それでは飼い犬の信頼は得られないと理解できました。
信頼してもらうには、たっぷりの愛情とメリハリのあるしつけだと分かりました。
まだまだ発展途上の関係ですが、私の意識が変わった事でこれからうまくやっていけそうと感じています。
そして教室に通って一番良かった事は、先生から「○○は飼い主さんの事が大好きだと分かるし、ちゃんと我慢もできるし、とっても良い関係が築けていますよ。」と言ってもらった事です。
正直、愛犬は感情をあまり出さないし、私の言う事もなかなかきかなかったし、私の事が好きなのかなと思っていたので、とてもうれしかったです。
それからは私に自信がついたし、毅然と愛犬と向かい合えるようになりました。
先生ありがとうございます。


奈良県 O様

褒めてしつけるというやり方はとても良いと思いました。
ただ、大きい子と小さい子はなで方1つとっても少し違うような気がするので、大きい子のクラスと小さい子のクラスがあるともっと良かったかなと思いました。
楽しかったです。ありがとうございました。


奈良県 S様

初めは「もう4歳になる愛犬が今更しつけ教室もどうかな」とか「オヤツもなしで愛犬の気を引くことなど出来るかしら」等いろいろ考えました。
だけど飼い主の方が、犬のことをもっと知りたいと思っていたり、他所のワンちゃんと関わりながら愛犬がもっと楽しい時間を過ごせればいいなと思い参加してみました。
やはりお勉強となると、頑固な愛犬はあまり乗ってきませんでした。
でも先生ご夫妻がとっても上手に愛犬のテンションを上げて楽しく楽しく持っていってくださってからは、もう「教室大好き!」笑顔いっぱいで過ごすことが出来ました。
そして 4回目には最初苦手だったことも少し我慢できるようにもなりました。
教室の最後にグラウンド中を元気いっぱいにグルグル走り回る様子を見ると「ヤッタ!」という気持ちになります。
家ではまだまだ甘えたのわがまま犬ですが、「もっともっと楽しい時間を家族で過ごせたらいいな」とつくづく思っています


京都府 K様

参加させてもらってから、散歩中の他のわんちゃんに対する興奮がだいぶ落ち着きました。
4回を通して参加する度に落ち着いてきたと思います。
参加されてた他のわんちゃんに逢うのも楽しそうで、愛犬にとっても私自身にとっても、大変いい機会になりました。


奈良県 A様

「しつけ」とは犬が人間と生活するにあたって、家族や周りの人が不快な思いをしないように「教える」ものだと思っておりました。
不快な思いをしなければ楽しく生活できる。
こちらの言うことを聞いてくれたらきっと可愛い。
そうなってくれる為には、「しつけなくてはいけない」とばかり思っていました。
しつけなくてはいけない=色々と教えなくてはいけない、と。。
先生に教えて頂いた中でとても印象に残っているのは、
しつけとは「愛犬と心を通わすこと」「ラブ注入」(笑) 「愛犬の命を守る」「粘り強く」「諦めずに」ということです。
ただ単に「教える」わけではなく「心を通わす」ことで愛犬もこちらに答えてくれるのだと学べました。
心を通わす、ということを学んでいなかったら悪さをする度、きっと「だめ」で済ませていたと思います。
愛犬に声をかけるようにしたり、たっぷり時間をとるようにしたことで今は心が通い出し始めていると思います。
以前は「自分の名前わかってる…?」と思うほど呼んでも無視され、なかなか目を見てくれないのが悩みだった私ですが(苦笑)、
今はしっかりこちらを振り向いて反応してくれるようになりました。
お風呂と爪切りが大嫌いで近所中に響き渡るような声で激しく叫ぶ愛犬に一苦労だったのも良い想い出。
「粘り強く」「諦めずに」ルックアップを続け、「やるよ」と続けたことで、今ではおとなしく抵抗することもなくお風呂にも入り爪も切らせてくれるようになりました。
やんちゃで明るい陽気なワンコ。
これからも共に仲良く暮らしていけたらと思います。


京都府 F様

私が最初に犬を飼ったのは、今から28年前です。その後、トリマーになったこともありトリミングの練習になる犬種を飼ったりして多頭飼いを20余年しました。
20余年の歳月の間には、様々な出来事がありました。犬達は老犬になっていき、私の至らなさ、コミュニケーションの不足などから、犬達のしつけがドンドンいい加減になっていき、私にとって手を煩わす存在になってしまいました。
今、振り返ると「愛情」は、あったのだろうか?と、考えてしまう時期もあります。「義務」だけで飼っていた時期もあったように思います。「飼い始めて時と同じ気持ちを最後まで持ち続けられなかった。」この自責の念は一生消えません。
最後の犬が死んだのは、今から7年前です。
その後、半年前まで犬のいない合理的で無機質な生活を送りました。でも、今思い返すと何処かしっくりいっていなかったように思います。「何かは分からないけど、何かが足りない。」そんな感じです。
2011年の春、娘の受験が上手く行かず、私の力では娘を支えきれないと感じ、悩み抜いた末、上野先生に相談し、また犬を飼いだしました。
「犬と最期まで楽しく暮らす。」前回の苦い思いを二度としないために「SES DOG STUDY.」に参加しました。
教室を通して私が知ったことは、犬が「家族」「社会の一員」として、認識されてきているということです。以前は犬の可愛さを語る時、相手を選ばないと、「犬キチガイ」等とバカにされる傾向にさえあったように思います。勿論、今も全ての人に理解してもらうのは難しいことですが、その理解度は以前に比べはるかに高くなっていると思います。
「飼う側」「飼われる側」ではない、飼い主と犬とが、お互いに愛情と信頼を与え合える関係。
「圧力ではない愛情と信頼に基づく、犬との心地良い関係」を教室で学びました。
これは、前時代の主従の関係とは、全く違う楽しい関係です。
基本となる5動作、2種類の誉め方を使った正しいしつけと愛情の伝え方も犬が家庭の中だけでなく、社会の中で認められ、生活していくために必須なモノだと思います。
再び犬を家族に加え、6か月が経ちました。とにかく、楽しく温かい毎日を送っています。浪人中の娘には、申し訳ないですが、今までの人生で一番幸せではないかと思っています。
学生の時、英語で「犬」を指す時、「it」あることに違和感を感じました。
「どうして、he,sheではないのだろう?」大切な家族が「he,she」と呼ばれる日が早く来ることを願っています。


奈良県 T様

教室以来、愛犬たちはあや動物病院の前を通りかかると、勢いよく病院に入っていきます。
2匹とも、教室が楽しかったのだと思います。ありがとうございます。
おかげさまで、『お座り』と、『待て』が上手に出来るようになりました。
以前は、犬とすれ違う時に、けたたましく吼えていて大変困っていたのですが、上野先生に教えて頂いたとおり、すれ違うもっと前に『待てだよ』と言って、座らせると、頑張って吼えずにすれ違うのを待っています。
震えながらも、頑張って待っている姿を見ると、とっても愛おしくなります。
SES DOG STUDY.では、犬の性質(臭覚を何よりも信頼している等)を知ることが出来て、あらためて、犬という動物への尊敬と、感謝の気持ちを持つようになりました。
そうして犬を見ていると、人間の世界から見たら不都合な事(無駄吠えや、おしっこ)も、犬にとっては当たり前のことをしているだけ、
むしろ、大切なことをしているのだということが分かり、その上で、人間社会ではこういう風にしてね、という、気持ちで伝えれるようになったと思います。
沢山の方が、犬への理解を深めて、もっとワンちゃんたちが生きやすい社会になったらいいな〜と思っています。
上野先生は、そういうことを伝えている、ワンちゃんたちや、私たち飼い主にとって、大切な先生だな、って思います。
これからも、益々ご活躍されることと思います。陰ながら応援しております。
ありがとうございました。


奈良県 O様

SES DOG STUDY.に参加するまで、甘噛みする暴れん坊怪獣だったうちの犬が、今では、お外に連れて行きたくなるほど自慢のカワイイ愛犬になりました。
犬を飼うのは初めてで、この怪獣にどう接したらよいか分からない状況でしたが、教室に参加し、ルックアップ法を実践した時から愛犬との関係に確実に変化が表れ、飼い主としての自信が持てるようになりました。
教室では、繰り返し同じことを言われますが、ついつい忘れてしまう事なので、数か月間(台風での延期)参加できたのも良かったように思います。
家が新しいので、SES DOG STUDY.に参加する前は、この怪獣をサークルから出すなんて全く考えられませんでしたが、噛むのを許している物以外、何の被害もあっていないのには驚きです!
同居している姑さんも「噛みついてくる!」と困惑していたのが、今では率先して面倒を見てくれ、愛犬を通じて会話も増えました。日々の生活では余計な労力を使う事もなくなり、会う方々に「おとなしいネ!かわいいネ!」と言っていただけ、毎日一緒に楽しく過ごせるようになりました。
また、上野トレーナーにはSES DOG STUDY.の時だけでなく、日々のちょっとした「愛犬お悩み相談」に親切に対応していただけたのは有難かったです。
色々と参考になりました。本当に有難うございました。


奈良県 K様

最初は犬との接し方も分からず、大袈裟なようですが「助けてください」という気持ちで教室に飛び込んだという感じでした。
でも、練習していくうちに私の不安も少しづつなくなり、その気持ちが愛犬に伝わったのか、ずいぶん落ち着いてきました。
まだ上手くいかない事もありますし、「このくらいでいいか」と思う時もありますが、いつも上野先生が言われている「焦らず、諦めず、粘り強く」という言葉を思い出して練習していこうと思います。
こんな気持ちになれたのは、上野先生のご指導のおかげだと感謝しています。
これからもよろしくお願いします。


奈良県 M様

突然私に突進してきては暴れている。
おもちゃを持ってきては'貸してあげないよ'という顔をしている。
そうかと思えば足元に来て'なでて'と言わんばかりに私の顔を見上げている。
おすわりと言って、褒めながら撫でてあげるとすごく嬉しそうにしている。
褒めてもらえたり撫でてもらえる喜びを表情や体中で表しながら!
そういう姿を見ていると本当に愛おしくなります。
SES DOG STUDY.で接し方をいろいろ教えて頂き、まだまだこれからですが、私にとってもこの子にとってもこの先幸せな暮らしが待っていると思うと楽しみです。
本当にありがとうございました。


奈良県 F様

『愛犬と気持ちが通じ合う事は楽しい』
今私が実感している事です。
苦手な事もおやつで誤魔化すんじゃなくて我慢するんだよって気持ちで伝えてます。
必死で我慢してるのが伝わってきます。
我慢することが出来たら思い切り誉めてあげます。体はくねくね、しっぽはブンブンで全身で気持ちを表してきます。
暮らしの中で実感しています。
愛犬と気持ちが通じ合う事の楽しさを!